白鯨 と の 闘い

Add: ixolo2 - Date: 2020-12-10 00:11:45 - Views: 3390 - Clicks: 5956

白鯨との闘い(2D版) 原題:In the Heart of the Sea /アメリカ 上映時間122分 監督・製作:ロン・ハワード 製作:ジョー・ロス、ポーラ・ワインスタイン、ウィル・ワード、ブライアン・グレイザー. 映画に登場する白鯨は、体長が約30m・重量は80tの並外れたマッコウクジラであり、平均的な雄の2倍もの大きさを誇る。 生ける山のごとき白鯨の尾ひれは約6mの長さがあり、太平洋の深い水中から出現し、頭と尾で強烈な攻撃を仕掛け、捕鯨船エセックス号を. 白鯨との戦いをメインにしたものではなく、鯨によって海に投げ出された人々の漂流物語、といった感じの作品でした。 生きるための食糧確保に人体を・・・というのはたまに映画や小説などでも見るが、その直接的描写がなくても生々しいものだなと思いました。 白鯨 と の 闘い アクションなど戦いの部分を楽しみにしてみると、少し肩透かしを食らったような気分になりますが、徐々にやせ衰えていくキャラクターを表現するために本当にガリガリになっていた役者さんたちは素晴らしかったと思います。 日本人に比べ筋肉量など体格が立派な外国の俳優さんが、あそこまでガリガリになるのはとても辛いのではないでしょうか? 個人的には、ダイビングが趣味という方にご覧頂いてその感想を聞かせてほしいな、と思いました。 海の美しさや荒々しさではなく、地球上で一番大きな生き物に対する人間の無力感がとても伝わります。 過去にも映像化された【白鯨】と見比べて見るのも面白いかもしれませんね。. See full list on 白鯨 と の 闘い cinemercato. 以上、「白鯨との闘い」のレビューでした。 タイトルや広告の文言からの印象とは違った、ヒューマンドラマに重点を置いた作品でしたので、視聴の際はご注意下さい。 個人的には、嫌いでは無い作品です。 興味のある方は、是非観てみて下さい!. .

1850年、作家ハーマン・メルヴィルは、トーマスという男を訪ねました。 トーマスは、捕鯨船エセックス号の乗組員として巨大な白鯨と闘い、生き残っているただひとりの男でした。 ハーマンは、彼らの航海記を新しい作品にしたいと思い、全財産を持ってトーマスに話を聞きにきたのです。 渋りながらもトーマスは、当時の事を話し始めました。 1819年、捕鯨船エセックス号は、出向の準備に追われていました。 そこにベテラン一等航海士チェイスも呼ばれます。 今までも捕鯨に貢献してきたチェイスは、今回は自分が船長になれると思っていました。 しかし選ばれたのは未経験者のポラード。 彼は、島の名家の生まれであり、父親は、船の出資者でもあります。 ポラードは”家柄”だけで選ばれた船長だったのです。 不満を抱えつつも生活のために船に乗ることを決めたチェイス。 船には14歳で孤児のトーマスも一緒に乗り組むことになりました。 太平洋を目指して出港したエセックス号でしたが、船長の経験不足による判断ミスなどからトラブルが続出します。 やがて、鯨の群れと遭遇したエセックス号。 乗組員たちは、このチャンスを逃すまいとボートを漕いで捕獲に向かいます。 しかし、その中のリーダー格である巨大な白いマッコウクジラによって船は大破させられてしまいます。 今まで取った鯨油も海に流され、命からがら3艘のボートに分乗した乗組員たちは、わずかな水と食料のみで漂流生活を送ることに。 その漂流生活により、彼らは更なる試練と向き合わうこととなるのでした。. 【アベンジャーズ】に出演したクリス・ヘムズワースをはじめとする、豪華なキャストを揃えている【白鯨との闘い】。 若き日のトーマス役は【新スパイダーマン】の主演トム・ホランドが演じています。 トムはこの映画に取り組むにあたり、撮影前に航海の仕方や、知識を学んで、船乗りとしてのトレーニングを積んだそう。 他のキャスト達も、真の船乗りのような気迫あふれる演技でした。 チェイスとポラードは両極端のようなキャラクターであり、度々意見がぶつかり合います。 生き延びて帰港したその後の彼らは、過酷な状況を乗り越えてきた同志だからこその結びつきがあるという感じがして、じーんとなりました。. 発売日:/11/16; 希望小売価格:1,429 円+税; 製作年度: 年 ; ディスク枚数:1 枚; 品番:. See full list on hm-hm. 義足の船長と、彼の足を奪った白く巨大なクジラとの壮絶な戦いを描いた「白鯨」。アメリカ文学史上最高傑作のひとつと称され、長らく愛されてきた名著は実はフィクションではなく、実際に起きた捕鯨船エセックス号沈没事件を基に生み出された「実話」だった。本作「白鯨との闘い」は、後に「白鯨」を著すことになる若き作家ハーマン・メルビル(ベン・ウィショー)が、エセックス号事件の生き残りのひとり(ブレンダン・グリーソン)から事件の聞き取りを行うというスタイルをとり、そのとき海の上で起こった壮絶かつ過酷な現実を、すさまじいスペクタクルと臨場感で描き出す作品なのだ。 1819年、一等航海士オーウェン(クリス・ヘムズワース)と21人の仲間たちは、捕鯨船エセックス号で太平洋を目指すが、経験不足の船長の判断ミスや大嵐に遭遇したことがたたり、多くのトラブルに見舞われてしまう。何日もの不漁が続いた後、運よくクジラの大群を発見するが、そこには群れを守るように悠然と泳ぐ、驚くほど巨大な白いマッコウクジラがいた。“白鯨”を捕獲するべくオーウェンたちは激闘を繰り広げるが、その圧倒的なパワーにあえなく撃沈。陸地から遠く離れた広大な海原に投げ出されてしまう. 「白鯨との闘い」、というタイトルにインパクトがありますが、ただ白鯨(グジラ)を捕まえたりするだけの映画ではないのです! もちろん捕鯨のシーンも圧巻で思わず自分も船の中にいるような気持ちになってしまうほどの迫力があり、映画のみどころの一. Re:ゼロから始める異世界生活に登場する魔獣。外見は圧倒的な巨体を持つ白い鯨。 大兎、黒蛇と共に三大魔獣のうちの一体に数えられている。 『霧の魔獣』として知られており、その口から吐き出す霧の厄介さ、特殊性により400年もの間生き永らえ、膨大な犠牲を出し続けた。先代の「剣聖」であるテレシアも先の白鯨討伐戦の中で落命した。 吐く霧には二つの種類がある。視界を覆い、自身の行動範囲を拡大させる霧、そして『消滅の霧』と呼ばれる飲み込んだ者の存在をこの世界から抹消する霧。 前者の霧の中に入ると、白鯨の鳴き声によって精神攻撃をかけられる。耐性によって被害は変わるようで、スバルやフェリスには全く効果がなかったが、自傷行為に走る者もいた。 後者の『消滅の霧』に飲まれると、霧に飲み込まれた人に関する記憶が例外を除く他の人の記憶から完全に消失する。 作中でメイザース領を目指すスバル達の前に現れ、目的達成の大きな障害となる。スバルは試行錯誤の末にクルシュ陣営、アナスタシア陣営と共闘することに成功し、犠牲は出しながらも討伐する。.

4K ¥3,953 ¥3,953 ¥6,589 ¥6,589. 捕鯨と聞くと、簡単な仕事ではないという事は誰もが想像つくかと思いますが、本作では臨場感あふれる壮大なスケールで、鯨との闘いがどれほど大変なことかを実感できるほど詳細に描いています。 船ほどの巨大な鯨を一頭仕留めるだけでも命がけです。 何も収穫のない日が続いていいたある日、鯨の潮を見つけた見張りの乗組員の合図で、船内は一気に活気あふれる空気が流れ始めます。 次々とボートに乗り込み鯨へ向かっていく男たち。 そして、鯨に近づくと力強く銛を打ち込みます。 鯨は哺乳類の為、深い海に沈んでも息を吸うために海上に上がってこなければなりません。 男たちは銛を打ち込み、徐々に鯨を弱らせていくのですが、銛につながったロープが短ければ、船もろとも海に引きずり込まれてしまいます。 ロープが足りなくなれば、ロープを切って獲物を諦めなければいけません。 それは、大きな損失を意味することなります。 このギリギリの駆け引きは本当にドキドキする場面のひとつでした。 そして、捕獲した鯨を解体し、油を搾取する場面までをも丁寧に描いています。 一番小さなトーマスが、鯨の体内に入れられて上質な頭部の油をとるシーンは、匂い. 白鯨 と の 闘い 18 ブルーレイ&dvd発売 レンタル同時開始 4. 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【白鯨との闘い】アクション映画の洋画。【あらすじ】1819年、一等航海士オーウェンは、21人の仲間たちと捕鯨船エセックス号に乗り、太平洋を.

ハーマン・メルヴィルの『白鯨』のネタ元としても知られる19世紀に起きた捕鯨船エセックス号を巡る悲劇の実話を、「アポロ13」のロン・ハワード監督が映画化。白鯨との死闘の末に捕鯨船乗組員たちが辿る壮絶なサバイバルの行方を描く。主演は「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース. 「ビューティフル・マインド」のオスカー監督ロン・ハワードが、「アベンジャーズ」のクリス・ヘムズワース、「007 スペクター」のベン・ウィショーらを起用して描くスペクタクル・ドラマ大作「白鯨との闘い」が年1月16日より全国公開。名著「白鯨」の基になった捕鯨船沈没事故の「衝撃の真実」とは?. 白鯨との闘い In the Heart of the Sea 上映する設備は劇場によって異なります。 詳細は 各劇場のページ にてご確認下さい。.

1821年6月11日。 オーウェン(クリス・ヘムズワース)達はついに故郷に帰りつきます。 街中の人が出迎えに来てくれていましたが、しかし海に出たまま何年も帰らなかった彼らに声をかけてくる者はいません。 白鯨 と の 闘い 彼らは幽霊のように思われていたのです。 それでも、オーウェン(クリス・ヘムズワース)はそこに愛しい妻と、そして初めて見る娘を見つけたのでした。 無事でよかったと泣く妻と娘に、オーウェン(クリス・ヘムズワース)は、ただいま、と優しく微笑むのでした。 ところが、この奇跡を喜ぶだけで物語は終わりませんでした。 船主たちにとって船を失い、鯨油も持ち帰らなかった彼らをそのままにしてはおけなかったのです。 オーウェン(クリス・ヘムズワース)が帰宅する間もなく呼び出された事務所には、先に帰国していたジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)もいました。 彼は重い口を開きます。 今回船を失ったことで入る調査は、鯨に襲われて難破したなどと知ればこの先の捕鯨産業にも大きな影響を及ぼすだろう・・・と。 それを聞いて、真実です、と返すオーウェン(クリス・ヘムズワース)。 そんな彼にジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)が苦しそうな顔をするのは、船主たちにより今回の事を座礁して沈没したと証言せよ、と言われていたからです。 嘘だ!と反論するオーウェン(クリス・ヘムズワース)は、今回の件を黙っていれば船長になれると言われても首を縦に振りません。 嘘をつく気はない、あんたもそうしろ、とジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)に言うと部屋から出ていってしまったのでした。 翌日、有力者たちも集まる場で聴取を受けたジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)は、船主たちの思惑にはまらず真実を告げました。 まるでオーウェン(クリス・ヘムズワース)の言葉のように真実を話すジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)の落ち着いた様子とは違い、荒れに荒れる審問会。 その後のジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)は再び捕鯨のため海へ旅立ちます。 しかしあの白鯨は見つからず、彼はハワイ沖で座礁、二度目の不運でした。 オーウェン(クリス・ヘムズワース)はというと、約束したとおり仲間を迎えに行きます。 ジョイ(キリアン・マーフィー)は亡くなっていましたが、奇跡的にほかの三人は生きていたのです。 そのあとの彼は、家族を連れて、商船の船長としての新. 白鯨との闘い 白鯨 と の 闘い dvd クリス・ヘムズワース (出演), ベンジャミン・ウォーカー (出演), ロン・ハワード (監督) & 0 その他 形式: DVD 5つ星のうち3. 鯨の油が街灯油として重宝されるようになって以来、マサチューセッツ・ナンタケット島は捕鯨で活性化した街です。 1850年、この街にとある男が訪ねてきます。 小説家の男の名前はハーマン・メンヴィル(ベン・ウィショー)。 彼は白鯨と呼ばれるモンスター級の鯨について次作を考えており、ここにやってきたのです。 彼の目的は白鯨を見た数少ない生き証人であるトーマス・ニッカーソン(ブレンダン・グリーソン)から話を聞くこと・・・。 最初こそ口の重いトーマス(ブレンダン・グリーソン)でしたが、彼の記憶を聞けばそれもさもありなん。 それは、辛く苦しい恐怖の物語だったのです。 果たして、彼の語った物語とは・・・? そして白鯨とは一体なんなのでしょうか―――。. 航海に出て間もなく、エセックス号は大きな嵐に遭遇してしまいました。焦るオーウェンでしたが、経験不足のオーウェンは嵐の危険を理解していませんでした。「進路を維持しろ」というジョージの言葉にオーウェンは不安が募ります。案の定、嵐に巻き込まれてしまったエセックス号には大量の水が入り込んできて大きく揺れ出しました。オーウェンが必死に指示を出し、なんとか嵐を逃れました。この一件で、オーウェンとジョージの仲は更に険悪なものとなってしまいました。 出航してから数か月。遂にエセックス号は鯨の群れと遭遇しました。大きな鯨を見て驚くトーマスでしたが、「あれは子供だ」というオーウェンの言葉を聞いてさらに愕然とします。経験豊富なオーウェンの指示の下、一頭の鯨を捕獲。喜ぶ一同でしたが、この鯨から採れる鯨油は少しだけ。まだ街へ帰ることができる量には到底及びません。鯨探しはまだ続くことになります。. 遭難してしまった3席のボート。そんな中、無人島を発見して無事上陸に成功しました。一安心しましたが、オーウェンは洞窟の中で死体を発見しました。同じように白鯨から逃れて上陸した船乗りでしたが、飢え死にしてしまったのだと推測されました。オーウェンはここにいては食料はないと脱出を決意します。しかし、既に乗組員の中には動けないほど弱っている者もいました。マシューは動けないとオーウェンに言い、島に残ることになりました。オーウェンやジョージ、トーマスを始めとする乗組員はボートに再び乗って行くことにしました。. 先代剣聖のテレシアは白鯨征伐の中で命を落としたが、死因は白鯨に殺されたことではない。その裏には複雑な事情が存在する。詳しくはラインハルトの項目を参照。 ヴィルヘルムが白鯨の弱さに違和感を覚えているように、敵が白鯨だけなら剣聖である彼女が命を落とすことは恐らくなかった。 リゼロ世界の魔獣は一般的に「嫉妬の魔女」サテラによって作られたものとされているが、実際はそうではない。白鯨をはじめとする魔獣は「暴食の魔女」ダフネによって産み落とされた存在。 白鯨以外の三大魔獣、大兎(おおうさぎ)と黒蛇(くろへび)もダフネが創造したもの。 ダフネが魔獣を創造した動機は「食べるため」。(詳しくはダフネの項目を参照) 普通の人間にとっては大変な脅威である白鯨や大兎も、ダフネにとっては食いでのある餌程度の認識。魔女という存在がどれだけ異質なのか、うかがい知ることができよう。 ちなみに黒蛇を創った理由は食べるためではなく増えすぎた人間を減らすため。.

白鯨との闘い()の映画情報。評価レビュー 1355件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:クリス・ヘムズワース 他。ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異の. 白鯨との闘い。映画、海外ドラマ、テレビ、女性が気になる最新のエンタメ情報をお届け! 話題のニュース、インタビュー、コラム、試写会. 『白鯨との闘い』は年の映画。『白鯨との闘い』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画. メンヴィル(ベン・ウィショー)の頼みになかなか首を縦に振らないトーマス(ブレンダン・グリーソン)でしたが、彼の妻(ミシェル・フェアリー)がそこに口を挟んできます。 彼の頼みに応えて少しは家計を助けて頂戴、と言い放つ妻(ミシェル・フェアリー)ですが、その実彼女は酒浸りの夫には何か抱え込んでしまっている苦しみがあると気付いているのです。 誰かに吐く事で少しでも楽になって欲しい、その想いからメンヴィル(ベン・ウィショー)の要求の口添えをしたのでした。 海洋冒険物の処女作を書いたメンヴィル(ベン・ウィショー)が次に選んだ題材は、沈没したエセックス号の話です。 その船にわずか14歳と言う最年少で乗り込んでいたのがトーマス(ブレンダン・グリーソン)だったのでした。 辛い過去を話し始めたトーマス(ブレンダン・グリーソン)。 エセックス号の思い出はそのまま、船長・ジョージ・ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)と、一等航海士・オーウェン・チェイス(クリス・ヘムワーズ)の思い出です。 捕鯨において腕利きの漁師オーウェン(クリス・ヘムワーズ)は、前回の功績が認められ次回は船長に、という話でしたが、よそ者ということでその話を保留にされ、名家出身のジョージ・ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)を船長に据え、彼を支えるように言われてしまいました。 憤慨する彼ですが、もうすぐ産み月を迎える身重の妻を残して海に旅立ちます。 その船に乗っていたのがトーマス(トム・ホランド)だったのです。 下働きの彼ですが、憧れは鯨にヤスを突き立てた者しかもてないという鯨の骨でできたピン。 いつか自分も・・・その思いを胸に、初航海の恐怖を押し殺しながら船に乗り込んだのでした。 エセックス号には、オーウェン(クリス・ヘムズワース)の幼馴染で、幾度となく共に航海を重ねたマシュー・ジョイ(キリアン・マーフィー)も乗り込んでいます。 オーウェン(クリス・ヘムズワース)の腕は確かなものですが、それが面白くないのはジョージ(ベンジャミン・ウォーカー)です。 二人は何かと反発し合い、折り合いが悪い中それでも船は進みます。 ある日、船の指揮を執っているオーウェン(クリス・ヘムズワース)にジョージ(ベンジャミン・ウォカー)は、帆を張るように指示します。 二日遅れの予定を取り戻すためだ、というのです。 しかしここはメキシコ湾。 流. 『白鯨との闘い』(はくげいとのたたかい、原題: In the Heart of the Sea)は、アメリカ合衆国で製作され、年に公開されたヒューマン・アクション映画である。. 「白鯨と航海士との間には、闘いを通じて奇妙な友情が芽生えていたのだ」 と解釈する事も出来そうな感じ。 でも自分としては、白鯨があまりにも美しかったから見惚れてしまい、それを壊す事など出来なかったのだと思いたいところです。. 白鯨との闘い(年) ロン・ハワード 監督のアメリカの 映画作品 。 厳密には小説作品としての『白鯨』の映画化ではなく、『白鯨』の物語のモデルとなった1820年の捕鯨船エセックス号で起こった襲撃事件(マッコウクジラによって船首に穴を開けられ.

燃料を補給するため、港で休航しているとき、オーウェンたち乗組員はある噂を耳にしました。まるで怪物のような巨大な鯨がいる場所があるというその噂に、大量の鯨油を手に入れる絶好の機会だと判断したオーウェンとジョージ。2000マイルも離れたその場所にエセックス号は舵をとりました。 そこには大量の鯨の群れが泳いでいました。発見したオーウェン達は大喜びします。しかし、その群れの先頭には今まで見たことがないような巨大な白い鯨が泳いでいました。白鯨はエセックス号を見て攻撃を仕掛けてきます。その巨大な鯨の攻撃は凄まじいもので、オーウェンたちは反撃を仕掛けますが到底敵わず、エセックス号は破壊され、乗組員たちは海へ投げ出されてしまいました。なんとかボート3隻に乗り込み逃げることに成功したオーウェンたち。上陸できる場所を探してボートを漕ぎました。. 衝撃的な人間ドラマを描きながらも、壮大なスケールによる超大作としてのエンターテインメント性も確立されているのが本作の注目ポイント。ハリウッド最先端のVFXと3D技術によって、アクション映画やパニック超大作と見まがうばかりのスリルあふれるアクション・シーンが表現されているのだ。 本編の序盤では、巨大な帆船であるエセックス号を飲み込むほどの大波がうねる嵐のシーンが登場。雨、風、嵐、そして目の前に折れたマストや帆、タルなどが飛び込んでくるなど、まさに自分も船に乗っているかのような臨場感だ。そして捕鯨シーンも目を見張らせる。小型のボートにチームで乗り込み、海面から透けて見えるクジラの巨体を追いかけ、突き刺したモリに引っ張られて海上を進むさまは、海面すれすれの視点もあって、スピードあふれるライド感が満載だ。さらに海深くグングンと潜っていくクジラ視点のカットも交えられ、多くの角度から立体的に捕鯨を「体感」できる構成となっている。 そして、メイン・イベントである、白鯨とのバトル。30メートルを超える巨体は、エセックス号の全長をはるかに超えるスケール。海面下で悠然と泳ぐ姿を俯瞰(ふかん)で捉えたかと思えば、モリを突き立てようとする猟師の視点からも白鯨を追う。「巨大で恐ろしいものが、こちらを目指して襲ってくる」という圧倒的な臨場感が半端ではない。22人の海の男たちが、自然界の最強生物にいかに戦いを挑むかにも注目だ。. 過酷な実話を描くというテーマ性と、最新VFXがそろっているというだけでは傑作は生まれない。それらをいかに料理し、表現するかに長けた一流のスタッフ&キャストが結集しているからこそ、そのクオリティは保証される。 本作が人間の本質を描くヒューマン・ドラマとしても、圧倒的なスペクタクルを体験できるエンターテインメント作としても輝いているのは、「ビューティフル・マインド」「フロスト×ニクソン」でアカデミー賞の高い評価を受けつつ、「アポロ13」「ダ・ヴィンチ・コード」等の大ヒット作も生み出し続けているロン・ハワード監督作だからこそ。作家性とエンターテインメント性、それぞれで高く評価される監督はいるが、その両方を兼ね備えた監督は数えるほど。それだけに、映画ファンにとっての安心の人物といえるのだ。 そして実力派キャストも結集。主演は、ハワード監督とすでに「ラッシュ プライドと友情」でタッグを経験済みのクリス・ヘムズワース。3度流れたという本作の映画化を強力にプッシュしたのもヘムズワースであり、彼がハワード監督へ企画を持ち込んだことが原動力になったという。さらに共演には、「007」シリーズのQ役でブレイクしたベン・ウィショー、「リンカーン 秘密の書」のベンジャミン・ウォーカー、「ダークナイト」シリーズのキリアン・マーフィら若手実力派が集結。今回が初航海という幼い船員トーマスを演じるトム・ホランドは、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」にも登場する新リブート版「スパイダーマン」の主役に抜てきされた逸材だ。 スタッフ&キャストともに、映画ファン納得の面々を見れば、高い期待を抱かずにはいられないはずだ。.

白鯨との闘い - のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. 7 52個の評価. 白鯨との闘い(クリス・ヘムズワース,ベンジャミン・ウォーカー,キリアン・マーフィー)に関する情報をこちらでご覧になれ. 白鯨との闘いで船が沈没、ボートで漂流することになった乗組員たちの運命を綴る。 「アポロ13」「ラッシュ/プライドと友情」と実録映画の大ヒット作を放ったR・ハワード監督が、今回は19世紀に実際に起きた、捕鯨船エセックス号をめぐる悲劇を題材に.

ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に. 白鯨 と の 闘い See full list on dic. もちろん『白鯨との闘い』とあるとおり、巨大なマッコウクジラとのバトルも本作の大きな見どころではあります。 しかし、映画を観終わってみれば、そこだけが物語の焦点ではないことに気付けるでしょう。. 『白鯨との闘い』(はくげいとのたたかい、原題: In the Heart of the Sea)は、アメリカ合衆国で製作され、年に公開されたヒューマン・アクション映画である。. . 白鯨との闘いの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」など名作. 。 捕鯨シーンのスペクタクルは出色だが、本作の真髄はこの後の展開だ。わずかな食料と飲料水だけを頼りに、3艘(そう)のボートに分乗した乗組員たちの面々の、まさに地獄絵図ともいうべき漂流生活が描き出される。身重の妻と、まだ見ぬ子どもに「必ず帰る」と誓っていたオーウェンを筆頭に、さまざまな立場や年齢、人種の乗組員たちが、それぞれの事情を胸に生き抜こうともがくのだ。「アポロ13」「ビューティフル・マインド」「ラッシュ プライドと友情」ほか、極限状況下での人間ドラマを描かせれば右に出る者はいない名匠ロン・ハワード監督だけに、乗組員たちの行く末から目が離せない。 そして、死を目前にした彼らが、生き抜くためにどんな決断をしたのか。その男たちの生きざま、衝撃的な真実に、見る者は驚き、大きく心を打たれるに違いないのだ。. Re:ゼロから始める異世界生活 レム(リゼロ) ナツキ・スバル 魔女教 (リンク先ネタバレ注意) ダフネ(リゼロ) ライ・バテンカイトス ルドラサウム.

作品情報 作品名 白鯨との闘い 公開日 年 上映時間 121分 監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 配給 ワーナー・ブラザース あらすじ 1850年、アメリカの作家ハーマン・メルヴィルはある老人の下を訪れる。その老人はかつて、エセックス号という捕鯨船に乗り、巨大鯨と闘った. 白鯨との闘い 4K ULTRA HD + Blu-ray 5つ星のうち3. 本作は、トーマス・ニッカーソンという男の回想という形式をとっています。 かつてエセックス号という捕鯨船の乗組員として航海に出て、巨大な白いマッコウクジラと戦い生還した人々の最後の生き残りがトーマスです。.

40ポイント(1%) 通常配送料無料.

白鯨 と の 闘い

email: wymuxug@gmail.com - phone:(698) 216-4357 x 9278

谷 和憲 - ハザード

-> 声優 小松 未 可 子
-> レッド プラネット 2000

白鯨 と の 闘い -


Sitemap 1

小田島 渚 画像 -